読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪のデートスポット紹介しまっせ♪

大阪のデートにおすすめな話題の最新スポットをご紹介します☆

なんばに鉄板焼き肉バル「テッパン・ニクバル・バルミチェ」

難波

f:id:osakaneta:20160624195747j:plain

飲食店を展開するディーアール(東京都品川区)が6月15日、肉料理に特化したバル「TEPPAN 29BAR BARUMICHE(テッパン ニクバル バルミチェ)」(大阪市中央区難波3、TEL 06-6634-0229)をオープンした。

東京で人気バル「五反田ワイン酒場 マルミチェ」を手掛ける同社。2012年の大阪1号店「梅田ワイン酒場 バルミチェ~肉と窯焼きピッツア編~」オープンから地方展開を始め、現在は博多にも店舗を出すなど9業態25店舗を展開する。

同店は大阪3店舗目。「大阪文化は鉄板になじみがある」(同社)ことから、コンセプトは「鉄板焼き×肉バル」とした。店内中央に約1.5メートルの「鉄板焼き台」を設置し、調理風景を客に楽しんでもらえる構造になっている。客単価は3,500円。メインターゲットは20~30代の女性。

メニューは、鉄板で肉を調理するものが中心。トマトやアボカドなど女性向きの食材を使ったものや、山芋を使ってヘルシーに仕上げたものなど女性目線のメニューを多くそろえる。しっかり食べたい人や、3~4人でシェアして食べたい人向けに、ステーキや塊肉などボリュームがあるメニューも用意。価格は、2,929(肉肉)円や、1,129(良い肉)円など肉にこだわる設定のものも。

関西エリアマネジャーの宇野貴雄さんは「ようやく大阪に3店舗目の出店ということで感慨深い。より多くのお客さまに認知していただくきっかけとなる店にしていけたら」と意気込む。

営業時間は、月曜~木曜=17時~翌3時、金曜=17時~翌4時、土曜=11時30分~翌4時、日曜・祝日=11時30分~24時(7月15日までは17時~24時)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000007-minkei-l27headlines.yahoo.co.jp

▼なんばで話題の肉グルメ

TEPPAN 29BAR BARUMICHE
■住所:大阪府大阪市中央区難波3-3-4 難波日大ビル1F
■営業時間:[月~木]17:00-27:00(L.O.26:00)[金]17:00-28:00(L.O.27:00)[土]11:30-28:00(L.O.27:00)[日・祝]11:30-24:00(L.O.23:00)
■電話番号:06-6634-0229

アイスクリーム店「ベン&ジェリーズ」が大阪駅「エキマルシェ大阪」に期間限定オープン

梅田

f:id:osakaneta:20160602171721p:plain

アメリカ・バーモント州で生まれたアイスクリームショップ「ベン&ジェリーズ」が、5月31日からJR大阪駅の「エキマルシェ大阪」(大阪市北区)に4カ月の期間限定で出店。大きな具材がごろごろ入った食べ応えのあるアイスに、初日から多くの人が足を運んだ。

ナッツやチョコ、クッキーなど、「チャンク」と呼ばれる大きな具材が特徴的な同店のアイスクリーム。東京で販売される18種のうち、大阪ではバナナピューレの入ったチャンキーモンキーや魚型のチョコが泳ぐフィッシュフードなど10種類のフレーバーがラインアップ。

アメリカや東京で常にトップ3の人気を誇るというチェリーガルシアとチョコレートファッジブラウニーも、チェリーの実や板チョコ、濃厚なブラウニーがたっぷり入り、舐めるというよりアイスを「ガッツリ食べる」という印象だ。

昨年1週間だけ大阪に出店した際には「想像をはるかに超える反響をいただいて、大阪にもファンがいてくれていると実感できた一週間でした」と、同社カントリーマネージャーの浜田宏子さん。すでに関西の映画館やアミューズメント施設では、パッケージされたカップアイスが販売されているが、店頭でひとつひとつ入れてくれるフレーバーの方が「具材がひときわ大きい」という。

サイズはスモール380円(1種)、レギュラー(2種)500円、ラージ(3種)680円の3種類で、スタイルはカップとシュガーコーンから選べる。

headlines.yahoo.co.jp

Twitterの反応

ベン&ジェリーズ大阪
■営業時間:10:00〜22:00
■住所:大阪市北区梅田3-1-1 JR大阪駅桜橋口からすぐ「エキマルシェ大阪」内
■電話:06-4799-3828

【PR】大阪でのデートのお相手探しには、充実した無料コンテンツ盛り沢山で人気沸騰中の出会い系が今熱い!

太閤園の夏恒例イベント「ホタル物語」ー都心でホタル観賞

京橋

f:id:osakaneta:20160524204804p:plain

太閤園大阪市都島区網島町9、TEL 06-6353-9535)で5月20日、初夏の訪れを告げる恒例イベント「ホタル物語」が始まる。

今年で9回目となる同イベント。都心でホタルの観賞を楽しめるとあって、毎年来場者数を伸ばしている。明治時代に関西財界の名士として知られた藤田伝三郎男爵の邸宅のあった緑豊かな敷地を生かし1959(昭和34)年に開業した同園では、開業当時からホタルを楽しむことができたが、環境の変化からか一時期ホタルがいなくなってしまった。再びホタルをよみがえらせようと9年前から育成を開始したところ、3年前に園内を流れる小川に水のろ過装置を設置したこともありホタルの数は増えているという。

5年前からは平均気温を計測し、一日の平均気温の積算が500度になったころに飛行するといわれるホタルの飛行日を予測。今年は、昨年より早まることを予測しオープンを前倒しして会期を拡大する準備を進めたところ、ほぼ予想通り、5月15日に初飛行が確認された。

イベント期間中は、初夏の食材をふんだんに使ったディナービュッフェ(大人=8,300円、小学生=2,500円)を用意。小学生以下を対象に平日限定料金(2,000円)も設定している。今年は牛肉・豚肉・カモ肉の3種のロースト肉の食べ比べができるほか、この時期旬のハモやエビを板前さんが目の前で天ぷらにする。懐かしの縁日を楽しめるコーナーや、6月19日にはチャペルでのゴスペルライブも予定している。

営業企画課の藤田義人さん(43)は、自身も幼いころに同園でホタルを鑑賞したことがあるという。「子ども心に、ホタルの美しい光に衝撃を受けたのを覚えている。今では見られる所も少なく、懐かしいという声も多く頂く。今後、ホタルと言えば太閤園と言われるようになれば」と期待を寄せる。

鑑賞時間は日没~22時。6月30日まで。

headlines.yahoo.co.jp

Twitterの反応

太閤園
■営業時間:午前11時~午後7時
■住所:〒534-0026 大阪府大阪市 都島区網島町9-10
■電話:06-6356-1111