読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪のデートスポット紹介しまっせ

大阪のデートにおすすめなスポットを紹介します!

心斎橋161に「ふなっしーカフェ」ー限定メニューやグッツ販売も

f:id:osakaneta:20160624215105j:plain

心斎橋筋商店街にある商業施設「心斎橋161」(大阪市中央区心斎橋筋1)2階に6月16日、「ふなっしーカフェ」が期間限定でオープンした。(なんば経済新聞)

パルコ(東京都渋谷区)と「トランジットジェネラルオフィス」(港区)が共同開発した情報発信型カフェ「THE GUEST cafe&diner(ザゲストカフェアンドダイナー)」内にオープンしたもの。60坪の店内に約70席を設け、内装はふなっしーの「梨妖精界」をイメージし、ふなっしーポスターを多数飾る。過去に東京・渋谷で行われた際には、10時間待ちの行列ができたほど大盛況だった。

メニューは、「肉なっしープレート」(おわん付き2,030円、おわんなし1,490円)、「早く食べないと溶けるなっしー!!アツアツデニッシュアイス添え」(ふなっしーバルーン付き、1,382円)、「ふなっしーが消える!?ふなっしーのイリュージョンソーダ」(950円)、などの「ふなっしー」をモチーフとしたオリジナルメニューを提供する。

大阪の限定メニューとして、オリジナル瓶付きの「ふなっしーのつるっ!と汁なしうどん」(1,598円)、ビーフヘレカツが入った「大阪名物ヘレカツver!ふなっしーバーガー」(1,490円)、たこ焼きのように見えるプチケーキ「ふなっしーに言われて買ってきたたこやき風プチケーキ」(540円、テークアウトのみ)も提供。併設ショップでは、同店限定デザインのオリジナルグッズなどふなっしーオフィシャル商品も販売する。店頭にはフォトスポットも設置。

オープン当日は、早朝5時から並ぶ人も見られ、店は常に満員状態。当日はふなっしーがサプライズで駆け付け、独特のジャンプなどを披露。「いらっしゃいませなっしー。まいどおおきになっしー」と丁寧にあいさつをしたほか、心斎橋筋商店街について「美味しいものが多い。たこ焼き大好きなっしー」と話した。

ふなっしーカフェ広報部の山口諒さんは「大阪にふなっしーカフェを出店してほしいという声が非常に多い中、やっとオープンすることができた。ふなっしー一色の空間を楽しんでもらいたい」と話す。

営業時間は10時~21時。7月25日まで。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160616-00000036-minkei-l27headlines.yahoo.co.jp

ふなっしーカフェに関するツイート

ふなっしーカフェ@心斎橋161
■住所:大阪市中央区心斎橋筋1-6-1
■営業時間:10:00~21:00(L.O.20:30)
■電話番号:06-6281-8922

なんばに鉄板焼き肉バル「テッパン・ニクバル・バルミチェ」

f:id:osakaneta:20160624195747j:plain

飲食店を展開するディーアール(東京都品川区)が6月15日、肉料理に特化したバル「TEPPAN 29BAR BARUMICHE(テッパン ニクバル バルミチェ)」(大阪市中央区難波3、TEL 06-6634-0229)をオープンした。

東京で人気バル「五反田ワイン酒場 マルミチェ」を手掛ける同社。2012年の大阪1号店「梅田ワイン酒場 バルミチェ~肉と窯焼きピッツア編~」オープンから地方展開を始め、現在は博多にも店舗を出すなど9業態25店舗を展開する。

同店は大阪3店舗目。「大阪文化は鉄板になじみがある」(同社)ことから、コンセプトは「鉄板焼き×肉バル」とした。店内中央に約1.5メートルの「鉄板焼き台」を設置し、調理風景を客に楽しんでもらえる構造になっている。客単価は3,500円。メインターゲットは20~30代の女性。

メニューは、鉄板で肉を調理するものが中心。トマトやアボカドなど女性向きの食材を使ったものや、山芋を使ってヘルシーに仕上げたものなど女性目線のメニューを多くそろえる。しっかり食べたい人や、3~4人でシェアして食べたい人向けに、ステーキや塊肉などボリュームがあるメニューも用意。価格は、2,929(肉肉)円や、1,129(良い肉)円など肉にこだわる設定のものも。

関西エリアマネジャーの宇野貴雄さんは「ようやく大阪に3店舗目の出店ということで感慨深い。より多くのお客さまに認知していただくきっかけとなる店にしていけたら」と意気込む。

営業時間は、月曜~木曜=17時~翌3時、金曜=17時~翌4時、土曜=11時30分~翌4時、日曜・祝日=11時30分~24時(7月15日までは17時~24時)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000007-minkei-l27headlines.yahoo.co.jp

▼なんばで話題の肉グルメ

TEPPAN 29BAR BARUMICHE
■住所:大阪府大阪市中央区難波3-3-4 難波日大ビル1F
■営業時間:[月~木]17:00-27:00(L.O.26:00)[金]17:00-28:00(L.O.27:00)[土]11:30-28:00(L.O.27:00)[日・祝]11:30-24:00(L.O.23:00)
■電話番号:06-6634-0229

アイスクリーム店「ベン&ジェリーズ」が大阪駅「エキマルシェ大阪」に期間限定オープン

f:id:osakaneta:20160602171721p:plain

アメリカ・バーモント州で生まれたアイスクリームショップ「ベン&ジェリーズ」が、5月31日からJR大阪駅の「エキマルシェ大阪」(大阪市北区)に4カ月の期間限定で出店。大きな具材がごろごろ入った食べ応えのあるアイスに、初日から多くの人が足を運んだ。

ナッツやチョコ、クッキーなど、「チャンク」と呼ばれる大きな具材が特徴的な同店のアイスクリーム。東京で販売される18種のうち、大阪ではバナナピューレの入ったチャンキーモンキーや魚型のチョコが泳ぐフィッシュフードなど10種類のフレーバーがラインアップ。

アメリカや東京で常にトップ3の人気を誇るというチェリーガルシアとチョコレートファッジブラウニーも、チェリーの実や板チョコ、濃厚なブラウニーがたっぷり入り、舐めるというよりアイスを「ガッツリ食べる」という印象だ。

昨年1週間だけ大阪に出店した際には「想像をはるかに超える反響をいただいて、大阪にもファンがいてくれていると実感できた一週間でした」と、同社カントリーマネージャーの浜田宏子さん。すでに関西の映画館やアミューズメント施設では、パッケージされたカップアイスが販売されているが、店頭でひとつひとつ入れてくれるフレーバーの方が「具材がひときわ大きい」という。

サイズはスモール380円(1種)、レギュラー(2種)500円、ラージ(3種)680円の3種類で、スタイルはカップとシュガーコーンから選べる。

headlines.yahoo.co.jp

Twitterの反応

ベン&ジェリーズ大阪
■営業時間:10:00〜22:00
■住所:大阪市北区梅田3-1-1 JR大阪駅桜橋口からすぐ「エキマルシェ大阪」内
■電話:06-4799-3828

【PR】大阪でのデートのお相手探しには、充実した無料コンテンツ盛り沢山で人気沸騰中の出会い系が今熱い!