読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪のデートスポット紹介しまっせ♪

大阪のデートにおすすめな話題の最新スポットをご紹介します☆

梅田イーマにハンバーガー店「J.S. BURGERS CAFE」@関西初出店

梅田

f:id:osakaneta:20161220164441j:plain

▼このスポットに関するニュース

梅田の商業施設「イーマ」(大阪市北区梅田1)地下1階に12月16日、「エトセトラ ジャーナルスタンダード」がオープンし、店内に「ジェイエス バーガーズカフェ」が関西初出店した。運営はベイクルーズグループ(東京都渋谷区)。

全体は、2015年11月から展開を進めるベイクルーズの「衣」「食」「住」複合店舗で、店舗面積388平方メートル。既存の「ジャーナルスタンダード ファニチャー」をリニューアルした。

「食」分野で出店した同カフェは、渋谷店、原宿店など東京6店、神奈川2店に次ぐ9店目。「グルメハンバーガーブーム」に先立つ2000年に1号店(東京・新宿)をオープンし、16年間にハンバーガー全種で約200万個を売り上げた。

自家製バンズは、軽い食感と歯切れの良さが特徴。パティはつなぎを使わず100%の牛赤身肉を粗びきにし氷温で熟成。ピンクソルトを練り込み、「肉のコクとうま味を引き出す」という。

主なメニューは、アボカドとチェダーチーズの「J.S.バーガー」(1,306円)や、薫製風味の「ヒッコリースモークバーガー」(1,490円)などハンバーガー約16種類。パティは100グラムを基本に、270円増で150グラムに変更できる。

関西限定で、「イカリソース」使用のグレイビーソースに漬けて食べる串カツ風「ウェストサイドディップバーガー」(1,306円)も用意した。限定商品の今後の投入ついては、同メニューの反応を見て考えるという。

ハンバーガーのほかには、サンドイッチやホットドッグ、スイーツ、ビールも提供する。店内は、アメリカ西海岸の雰囲気でデザインした。総席数は37席。営業時間は11時~21時。


J.S. BURGERS CAFE 梅田店
■住所:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-12-6 E-ma B1F etc. JOURNAL STANDARD大阪店内
■営業時間:11時00分~21時00分
■電話番号:06-4796-6376


Twitterの反応

心斎橋オーパに焼立てパン店「やまびこベーカリー」

心斎橋




▼このスポットに関するニュース

心斎橋オーパ大阪市中央区西心斎橋1)地下2階に9月16日、焼きたてのパンを提供する「yamabiko BAKERY(やまびこベーカリー)」(TEL 06-6282-8178)がオープンする。

飲食店の開業や経営コンサルティングなどを手掛ける、オペレーションファクトリー(西区)の新業態となる同店。イタリアで開催されるスローフード協会国際本部主催の「テッラ・マードレ2006」で世界の料理人1000人に選ばれた、イタリアン「アルケッチャーノ」(山形県鶴岡市)の奥田政行シェフプロデュースの下、地方の食材を都会で消費する「地産都消」をテーマに、日本各地の食材を使った焼きたてパンを提供する。

「FARM TO BREAD」を店舗コンセプト、「MOVING BAKERY」を接客コンセプトに、扱う素材を店内にディスプレーするほか、品出しの際にスタッフが客に商品説明をするなどの方法で地方の食材や生産者を紹介し、食材の安心・安全性を伝える。

ターゲットは心斎橋エリアで働く24~30歳独身女性を中心に、ショッピングを楽しむ女性。24坪の店内の左奥には、パンの焼き上がる様子や調理する様子を見ることができるオープンキッチンを設ける。

メニューは、焼きたてパンに地方や関西の野菜を挟んだ「農家サンド」(345円~、全10種)や自社で栽培するケールや旬の食材を使う「自社農園48番地のケール&ベーコン」(280円)などの調理パン全50種を中心に、メロンパンやバゲットなどの定番メニューなど幅広い種類のパンを用意する。

同社ディレクターの平野圭祐さんは「目標は5年で8店舗を展開すること。大阪に住む人に日本各地の食材を食べてもらって、そこから日本を元気にしたい。海外の人ともパンを通じて楽しいベーカリーにしていきたい」と話す。

営業時間は7時~21時。


Twitterの反応

▼心斎橋エリアのお得なクーポンを探す


やまびこベーカリー心斎橋
■住所:〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-4-3 心斎橋OPA地下2階
■営業時間:7:00-21:00
■電話番号:06-6282-8178

心斎橋161に「ふなっしーカフェ」ー限定メニューやグッツ販売も

心斎橋

f:id:osakaneta:20160624215105j:plain

心斎橋筋商店街にある商業施設「心斎橋161」(大阪市中央区心斎橋筋1)2階に6月16日、「ふなっしーカフェ」が期間限定でオープンした。(なんば経済新聞)

パルコ(東京都渋谷区)と「トランジットジェネラルオフィス」(港区)が共同開発した情報発信型カフェ「THE GUEST cafe&diner(ザゲストカフェアンドダイナー)」内にオープンしたもの。60坪の店内に約70席を設け、内装はふなっしーの「梨妖精界」をイメージし、ふなっしーポスターを多数飾る。過去に東京・渋谷で行われた際には、10時間待ちの行列ができたほど大盛況だった。

メニューは、「肉なっしープレート」(おわん付き2,030円、おわんなし1,490円)、「早く食べないと溶けるなっしー!!アツアツデニッシュアイス添え」(ふなっしーバルーン付き、1,382円)、「ふなっしーが消える!?ふなっしーのイリュージョンソーダ」(950円)、などの「ふなっしー」をモチーフとしたオリジナルメニューを提供する。

大阪の限定メニューとして、オリジナル瓶付きの「ふなっしーのつるっ!と汁なしうどん」(1,598円)、ビーフヘレカツが入った「大阪名物ヘレカツver!ふなっしーバーガー」(1,490円)、たこ焼きのように見えるプチケーキ「ふなっしーに言われて買ってきたたこやき風プチケーキ」(540円、テークアウトのみ)も提供。併設ショップでは、同店限定デザインのオリジナルグッズなどふなっしーオフィシャル商品も販売する。店頭にはフォトスポットも設置。

オープン当日は、早朝5時から並ぶ人も見られ、店は常に満員状態。当日はふなっしーがサプライズで駆け付け、独特のジャンプなどを披露。「いらっしゃいませなっしー。まいどおおきになっしー」と丁寧にあいさつをしたほか、心斎橋筋商店街について「美味しいものが多い。たこ焼き大好きなっしー」と話した。

ふなっしーカフェ広報部の山口諒さんは「大阪にふなっしーカフェを出店してほしいという声が非常に多い中、やっとオープンすることができた。ふなっしー一色の空間を楽しんでもらいたい」と話す。

営業時間は10時~21時。7月25日まで。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160616-00000036-minkei-l27headlines.yahoo.co.jp

ふなっしーカフェに関するツイート

ふなっしーカフェ@心斎橋161
■住所:大阪市中央区心斎橋筋1-6-1
■営業時間:10:00~21:00(L.O.20:30)
■電話番号:06-6281-8922